くらし情報『湖で溺死した男性が宝くじで高額当選していたことが死後発覚』

2021年10月1日 20:53

湖で溺死した男性が宝くじで高額当選していたことが死後発覚

湖で溺死した男性が宝くじで高額当選していたことが死後発覚


先週、米五大湖の1つヒューロン湖のサギノー湾で、男性の溺死体が発見されたと地元テレビ局WJRT-TVが報じた。亡くなったのは57歳のグレゴリー・ジャーヴィスさん。その財布の中には、4万5,000ドルが当選している宝くじが入っていたという。

ケースビル警察のカイル・ロムゼック署長は、「ボートを繋いでいるときに滑って転び、頭を打って水に落ちてしまったと見ています。事件性はないでしょう」とWJRT-TVの取材に語っている。

ジャーヴィスさんは、先月13日にケースビル市内のクラブで行われたゲームでジャックポットに当選。しかし、換金に必要な社会保障番号カードを持っていなかったため、カードの発行を申請中だった。

NEWS10によると、彼はその後毎日にようにクラブに顔を出しては、居合わせた客に飲み物をおごり、「当選金を受け取ったらノースカロライナ州にいる父と妹に会いに行くんだ」と話していたという。

持ち主を失った当たりくじは、現在ジャーヴィスさんの親戚の手元にあるそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.