くらし情報『静岡県 川勝知事 コシヒカリ発言に続き「女性蔑視」発言報道で相次ぐ“辞職勧告”』

2021年12月3日 06:00

静岡県 川勝知事 コシヒカリ発言に続き「女性蔑視」発言報道で相次ぐ“辞職勧告”

「コシヒカリ発言」により辞職勧告をうけるも続投を表明していた川勝知事

「コシヒカリ発言」により辞職勧告をうけるも続投を表明していた川勝知事



問題発言によって議会で辞職勧告が可決されるなど、何かと話題を呼ぶ静岡県の川勝平太知事(73)。そんな川勝知事が数ヶ月前に放っていた発言が、またも物議を醸している。

問題となる発言があったのは今年6月、静岡県知事選挙の期間中に川勝知事が富士市内で行なった集会でのこと。中日新聞などによると、川勝知事は12年前に学長を務めていた静岡文化芸術大学の女子学生について、こう発言したという。

「十一倍の倍率を通ってくる。みんなきれいです。めちゃくちゃ顔のきれいな子はあまり賢いことを言わないとですね、なんとなく、もうきれいになる。きれいに見られないでしょう。ところが全部きれいに見える」

女子学生の容姿と学力に関係があるとするかのような川勝知事の発言。これだけでも十分に不適切に思えるが、驚きの発言はさらに続く。

新東名高速道路の建設現場に学生を連れて行った際のことを振り返り「そうすると、工事現場の監督は、変なおっさんでなく、かわいい女の子が気に入ったんでしょう。それで『また来ます』なんて言ったら『また来てください』って、翌日から仕事がはかどり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.