くらし情報『40年来の盟友・根本敬が振り返る! 蛭子さん「無意識過剰」伝説』

2021年12月4日 06:00

40年来の盟友・根本敬が振り返る! 蛭子さん「無意識過剰」伝説

40年来の盟友・根本敬が振り返る! 蛭子さん「無意識過剰」伝説


「金と自由は欲しいけど、何もしたくない──」を貫いてきたタレントで漫画家の蛭子能収さん(74)。2020年夏に認知症を公表した後も、その“人生哲学”はまったく変わらない。絵を描くよりもテレビの仕事のほうが楽だしギャラもいいと言い続ける蛭子さんに突如湧いた「絵画展プロジェクト」。果たしてプロジェクトは成功するのだろうか……。(第5回/全10回)

絵画展プロジェクトの1枚目になるであろう絵を、鉛筆で下絵を描くことなく、フリーハンドで仕上げていく蛭子さん。

40年来の盟友・根本敬さんが語る。

「本人も平気で言うじゃないですか、『漫画は原稿料が安い。テレビならみんなにバカにされるだけで10倍稼げる』って。たしかにそうなんだろうけど……。かつては狂気を内側から描いていたのに、お茶の間の人気を得てからは、まったくの手抜き状態でしたけどね。やっぱり蛭子さんは絵を描いていたほうがいいんですよ」

蛭子さんにどんな作品を残してもらいたいのだろうか?

「正直、今から漫画を描くのは難しいですよ。ストーリーも考えないといけないし、なにか締め切りに追い詰められでもしない限り描けないと思います。

これからの蛭子さんは、一枚の絵で勝負すればいいんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.