くらし情報『40年来の盟友・根本敬が叱咤激励! 蛭子さん、「芸術」と向き合う』

2021年12月5日 06:00

40年来の盟友・根本敬が叱咤激励! 蛭子さん、「芸術」と向き合う

40年来の盟友・根本敬が叱咤激励! 蛭子さん、「芸術」と向き合う


「金と自由は欲しいけど、何もしたくないーー」を貫いてきたタレントで漫画家の蛭子能収さん(74)。2020年夏に認知症を公表した後も、その“人生哲学”はまったく変わらない。絵を描くよりもテレビの仕事のほうが楽だしギャラもいいと言い続ける蛭子さんに突如湧いた「絵画展プロジェクト」。果たしてプロジェクトは成功するのだろうか……。(第7回/全10回)

“最後の絵画展プロジェクト”の初作品の製作は順調に進んでいたが、蛭子さんの集中が途切れるという問題が発生した。

心配そうにキョロキョロとまわりを見渡しはじめる蛭子さんは、気持ちが乱れ、いまにも口から「面倒くさいんですけど」という言葉を出てきそう。

サインペンはスケッチブックの横に置かれたまま。

この状態から、なにか作業を進めることはほとんど不可能だ。「今日はこれまでか?」と記者の私が思ったとき、

「休憩しましょうよ。お菓子でも食べませんか?」

根本敬さんに同行した青林工藝舎『アックス』の漫画編集者・高市真紀さんが、絶妙のタイミングで声をかけた。担当編集者として、蛭子さんとは20年以上の親交がある彼女は、手土産の『チーズケーキ』を蛭子さんの目の前に差し出した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.