くらし情報『大団円へ!吉沢亮が『青天を衝け』で涙したシーンを振り返り』

2021年12月11日 06:00

大団円へ!吉沢亮が『青天を衝け』で涙したシーンを振り返り

(撮影:中山雅文)

(撮影:中山雅文)



「お千代との別れはつらかったです。急すぎたし、当初からずっと支えてくれたお千代がこのシーンでいなくなってしまうんだという寂しさと、死自体の重さで、僕は号泣していました。苦しさしかないシーンでした」

こう振り返るのは、放送も残すところわずか3回となった大河ドラマ『青天を衝け』(日曜20時〜NHK総合ほかで放送中)で、渋沢栄一を演じる吉沢亮(27)。

渋沢の長い人生には人との別れも数多くあった。特に妻である千代(橋本愛)との別れは記憶に新しいところ。

千代同様、いとこであり同志であった喜作(高良健吾)との数々のシーンも思い出される。

「いちばん近くで支えてくれたのが、千代と喜作なので、この2人は僕のなかで特別だと思う部分はあります。喜作とのシーンは台本に『泣く』と書かれてなくても、泣いてしまっていました」

そしてやはり気になるのは、徳川慶喜(草なぎ剛)と栄一の絆が今後どう描かれるかだ。

「この先の慶喜さんとのシーンは泣けるものばかりです。細かくは話せないのですが、2人の最後のシーンはこの作品のテーマを語っているので、ぐっとくると思います」

志が高く熱量も高い栄一だが、1年以上の撮影を通して吉沢本人にどのような影響を及ぼしたのだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.