くらし情報『『遊戯王』高橋和希さんが急逝…ファン悲痛も訃報に「死者蘇生」と反応する人に“不謹慎”と物議』

2022年7月7日 19:35

『遊戯王』高橋和希さんが急逝…ファン悲痛も訃報に「死者蘇生」と反応する人に“不謹慎”と物議

(写真:時事通信)

(写真:時事通信)



7月7日、衝撃的な訃報が届いた。人気漫画『遊☆戯☆王』(以下、『遊戯王』)の作者として知られる漫画家の高橋和希さんが亡くなったのだ。60歳だった。

各メディアによると、高橋さんは6日に沖縄県名護市の沖合でスノーケリングの器具を装着して浮いている状態で発見され、翌7日に身元が確認された。死亡した経緯については海上保安庁および警察が捜査を進めているという。

‘81年に漫画家としてのキャリアをスタートさせ、’96年から「週刊少年ジャンプ」で『遊戯王』の連載をスタートさせた高橋さん。漫画界はもちろん、大ブームを巻き起こす“ゲーム”の生みの親として世界中を熱狂させた。

「『遊戯王』はアニメ化もされ、関連書籍も含めた累計発行部数は4000万部を超えた大ヒット漫画。それだけでも十分すごいのですが、漫画の中で登場したカードを実際に『遊戯王オフィシャルカードゲーム・デュエルモンスターズ』として販売したところ、爆発的にヒット。日本のみならず世界中で大流行し、これまでのカードの総発行枚数は300億枚を超えていると言われています。

ここまでブレイクした背景にはゲームそのものの面白さだけでなく、高橋先生がデザインしたモンスターの魅力的なキャラクターが大きく寄与しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.