くらし情報『杏の「育児は人の手を頼って」発言への批判に感じた危機感…従来型の母親像と違う人を頭ごなしに否定する人たち』

杏の「育児は人の手を頼って」発言への批判に感じた危機感…従来型の母親像と違う人を頭ごなしに否定する人たち

22年4年、月9ドラマ『競争の番人』ロケで終始笑顔で撮影に臨んでいた杏

22年4年、月9ドラマ『競争の番人』ロケで終始笑顔で撮影に臨んでいた杏



7月15日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)に出演した杏(37)。そこでの発言が賛否を集めている。

杏は22年にフランス・パリに3人の子どもと移住しており、現在は女優業とシングルマザー業に奮闘している。

パリでの子育て生活ぶりを問われた杏は「『3人、子どもがいてスゴイね』とたまに言っていただくこともあるんですけど。お母さん、人の手を頼りましょう!私は、一人では子育てしていません。できません。無理です。これは、声を大にして言いたいです」とコメント。
自身の生活を「のたうち回っていろんな人にすがって生きている」と表現した。

だがこうした発言に対して視聴者からは応援する声と同じくらい、ネガティブな声も多く集まっている。

《ベビーシッター雇えって話しね》
《お金があるからこそ出来ること》
《多くの人はシンプルにお金が無いよ》

つまり“杏の発言は結局、お金がある側だからこそ言えるもの”という指摘だ。

なぜこうした発言が一定数以上集まるのか。その現状について、自身も一児の母であるコラムニストのおおしまりえ氏は「いま、日本中で金銭的な余裕がなくなりつつあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.