くらし情報『石井杏奈、主演作『砕け散るところを見せてあげる』は「人生のヒーローになる映画」』

2021年4月10日 13:10

石井杏奈、主演作『砕け散るところを見せてあげる』は「人生のヒーローになる映画」

石井杏奈、主演作『砕け散るところを見せてあげる』は「人生のヒーローになる映画」


アニメ化されたライトノベル作品『とらドラ!』『ゴールデンタイム』などで話題を集める竹宮ゆゆこの同名小説を初めて実写映画化した『砕け散るところを見せてあげる』の公開記念舞台挨拶が4月10日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演を務める中川大志と石井杏奈が出席した。

正義感あふれる高校3年生・濱田清澄(中川)は“ヒーロー”として、激しいいじめを受けている高校1年生の蔵本玻璃(石井)を助けたことを機に、彼女に手を差し伸べようと試み、次第に心の距離も縮めていくが……。

撮影から約2年半、当初の予定からおよそ1年遅れでの映画封切りに、中川は「長い間、待ってくださり、ありがとうございます。作品を届けられるのは奇跡」と感無量の面持ち。この日は有観客での挨拶となり、「この光景を見ると、胸がいっぱいです」と声を振り絞った。石井も「やっと公開されたんだなという実感です。(先月開催の)完成報告はお客様がいらっしゃらなかったので」とやはりファンとの対面に感激していた。

現在22歳の中川は「本当に20歳になったばかりのときの撮影だったので、にきびがあったり、若いなと(笑)」と照れ笑いも。「あの瞬間、あのときにしか出せない表情や感情をいっぱい残していただいた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.