くらし情報『短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』新たな監督6名が追加発表』

2020年11月5日 12:00

短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』新たな監督6名が追加発表

『DIVOC-12』に新たな監督が追加発表


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優が継続的に創作活動に取り組めるように、12人の映像監督による12本の短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(ディボック トゥエルブ)が2021年に全国ロードショーされる。この度、本プロジェクトに参加する6人の監督が追加発表された。

「DIVOC」はCOVIDを反対に並べた言葉。「12人のクリエイターとともに、COVID-19をひっくり返したい」という想いが込められている。また、DIVOCのそれぞれの文字が表す下記の意味を軸にプロジェクトを進めていく。Diversity(多様性)/Innovation(革新)/Value(新しい価値)/Originality(個性)/Creativity(創造)。

先日、10月19日(月)に本プロジェクト『DIVOC-12』の発表会見を実施し、本プロジェクトの中核となって映画制作を牽引していく3人の監督として、『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめとした主要3部門を受賞した藤井道人監督、世界中で社会現象を巻き起こした『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、第41回モントリオール世界映画祭で審査員特別大賞を受賞した『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子監督の参加決定を発表していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.