くらし情報『ベテラン女優の木野花、18年ぶり“月影花之丞”に「気持ちはリベンジ」』

2021年1月26日 11:00

ベテラン女優の木野花、18年ぶり“月影花之丞”に「気持ちはリベンジ」

『月影花之丞大逆転』製作発表記者会見より、(前列左から)阿部サダヲ、木野花、古田新太、(後列左から)中島かずき、西野七瀬、浜中文一 撮影:田中亜紀

撮影:田中亜紀



2021年劇団☆新感線41周年春興行 Yellow/新感線「月影花之丞大逆転」の製作発表記者会見が1月25日、都内で行われ、脚本を手掛ける中島かずき、演出のいのうえひでのりをはじめ、出演する古田新太、阿部サダヲ、浜中文一、西野七瀬、木野花が出席した。

Yellow/新感線は、新幹線の設備を検査するための事業用新幹線車両の愛称であるドクターイエローにちなみ、“密にならない、短い上演時間で、新感線らしい、観客が元気になる作品”を届けるべく立ち上げられた劇団☆新感線の新シリーズ。今回上演される「月影花之丞大逆転」は、1996年と2003年に上演された「花の紅天狗」のスピンオフ作品で、中島は「あくまで月影花之丞シリーズの第2弾。『花の紅天狗』の続編ではありませんので、ストーリー的には前を知らなくても楽しめる」と説明した。

その上で「キャストに木野さんもいることだし、月影を復活させては思ったら、いのうえも同じ気持ちでおりまして。温めてきたアイデアを総ざらいに、突っ走るような、あっという間に終わる芝居になった」と強い手応え。いのうえは「こういう状況ですし、重い話はやめておこうと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.