くらし情報『誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート』

2021年6月21日 12:00

誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート

まずは歌唱力、演技力、すべてにおいて強度が増したその成長っぷりに感動。特に1幕後半、逃亡を試みた若きパイロット・ピエールと語るシーンの懐の深さに、俳優としての成長を感じた。マタを優しく見つめる太陽のようなあたたかさがあるアルマンだ。

誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート

アルマン役(Wキャスト):東啓介撮影:岡千里
対して三浦は、どこか危うさも感じるほど情熱的な愛をマタにぶつけている。二者まったく異なる角度から役を捉えていて、ダブルキャストの面白さを感じた。ちなみに筆者は柚希マタ×東アルマン、愛希マタ×三浦アルマンの組み合わせで観たのだが、前者は同じ傷を抱え慈しみあっているように感じ、後者はそれぞれ欠けた部分を補うかのように求めあう恋人たち、に感じた。

誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート

アルマン役(Wキャスト):三浦涼介撮影:岡千里
キャスト陣の丁寧なキャラクター造形で、マタ・ハリに限らず、アルマンも、ラドゥーさえも戦争の犠牲者である……というテーマ性が、リアルに浮かび上がる。石丸さち子の演出は、キャラクターの感情の高ぶり、揺れを繊細に表出させる。だからこそ、モノトーンのシンプルな舞台セットの中で、キャラクターたちの生きざまが鮮やかに浮かび上がる。ワイルドホーンのドラマチックな音楽、伝説の女スパイという刺激的なモチーフは確かに本作の大きな魅力のひとつだが、それだけにとどまらない細部にこそ、このミュージカルの魅力が光る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.