くらし情報『深田恭子×瀬戸康史のコンビがスクリーンに登場! TVドラマ『ルパンの娘』2021年映画化決定』

2020年12月3日 23:00

深田恭子×瀬戸康史のコンビがスクリーンに登場! TVドラマ『ルパンの娘』2021年映画化決定

『ルパンの娘』場面写真(第8話) (C)フジテレビ

(C)フジテレビ



本日12月3日に第8話が放送されたフジテレビ系TVドラマ『ルパンの娘』が、来年2021年に映画化されることが決定した。

『ルパンの娘』は、2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得した横関大の小説を原作に、深田恭子演じる泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華と、瀬戸康史演じる警察一家の息子・桜庭和馬の禁断の恋を描いた作品。2019年7月に第1弾が放送されると、作中で真剣にふざけるキャストの好演や、泥棒スーツに身をまとったアクション・ポージングなど、独特な世界観でファンを獲得。最終回で見せた華と和馬のラストシーンがあまりにも美しく、“現代版ロミオとジュリエット”として人気を博した。

たくさん寄せられたファンからの声を受け、2020年10月に続編の放送が開始。第2弾では泥棒一家と警察一家による波乱の新婚・子育て生活に、橋本環奈演じる名探偵一家の娘・北条美雲も参加した。前作にも増した振り切った演出や大胆なバロディがSNSを中心に、話題沸騰。最新のドラマ満足度調査ラ ンキング(オリコンより)では、満足度No.2にランクインするなど、ドラマファンの心を掴み続けている。

そして、ついに物語もクライマックスに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.