くらし情報『信州・まつもと大歌舞伎2021『夏祭浪花鑑』の生配信が決定! 中村勘九郎、コクーン雪辱に思いひとしお』

2021年6月8日 05:00

信州・まつもと大歌舞伎2021『夏祭浪花鑑』の生配信が決定! 中村勘九郎、コクーン雪辱に思いひとしお

『夏祭浪花鑑』より (c)松竹

(c)松竹



松本の夏の風物詩として名高い「信州・まつもと大歌舞伎2021」が6月17日から22日まで、長野県・まつもと市民芸術館で開催される。2008 年の平成中村座公演を皮切りに、毎回、市民サポーターが公演を支え、街全体が大きな盛り上がりを見せることで知られる同公演。今年の演目は『夏祭浪花鑑』(演出・美術/串田和美)だ。期間中、6月20日15時公演がオンライン生配信されることになり、団七九郎兵衛を演じる中村勘九郎が意気込みを語った。

「必ずやりたかったことが実現できて良かった。移動の制限もある中、全国の皆さんにお届けするなら、配信が一番」と喜びを語る勘九郎。『夏祭浪花鑑』といえば、渋谷・コクーン歌舞伎第十七弾として5月に上演されたが、緊急事態宣言を受けて、初日の5月6日~11日までが公演中止になってしまった経緯もあり、「チケットをお求めくださった方々にも、どうにかお届けしたいという気持ちもあった」と“雪辱”に思いはひとしおだ。

もともとは「生の舞台をご覧いただくのが一番。配信には後ろ向きだった」というが、昨年7月、浅草公会堂で実施した無観客ライブ配信などの経験を通して、「お客様から『待っていました』『やってくれて、ありがとう』という反応をいただいた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.