くらし情報『明日海りおが軽やかに、性別を飛び越え“才能のある一個人”としてのモーツァルトにーミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』開幕』

2021年10月11日 19:00

明日海りおが軽やかに、性別を飛び越え“才能のある一個人”としてのモーツァルトにーミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』開幕

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』よりモーツァルト/エリーザ役:明日海りお


明日海りおが主演するミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』が10月10日、東京建物Brillia HALLにて開幕した。作品は、日本オリジナルミュージカルの創作にこだわり続け、近年ミュージカル人気が増すにつれ再評価の機運が高まる「音楽座ミュージカル」の代表作(原作は福山庸治の漫画『マドモアゼル・モーツァルト』)。小室哲哉が音楽を手掛けた話題性なども相まって1991年の初演当初から人気が高く、音楽座では幾度も再演されている作品が、初演から30年の節目の年に、東宝製作版として生まれ変わった。演出は同じく音楽座の名作『シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ』の新演出版も手掛けた小林香。

明日海りおが軽やかに、性別を飛び越え“才能のある一個人”としてのモーツァルトにーミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』開幕

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』よりモーツァルト/エリーザ役:明日海りお
明日海りおが軽やかに、性別を飛び越え“才能のある一個人”としてのモーツァルトにーミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』開幕

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』よりモーツァルト/エリーザ役:明日海りお(左)、父・レオポルト役:戸井勝海(右)
物語は音楽の才能を持ちながらも、女性が音楽家になれなかった時代ゆえに父レオポルトから男の子として育てられた少女エリーザが主人公。彼女が音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとして成功していくと同時に、男として結婚したこととその才能ゆえに、妻コンスタンツェや宮廷作曲家サリエリ、弟子のフランツら様々な人の人生をも巻き込んでいってしまう物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.