くらし情報『須田景凪「この世界の渦中のひとりとして作った」 ホールツアー2021“Billow”東京公演のレポート到着』

2021年3月15日 18:00

須田景凪「この世界の渦中のひとりとして作った」 ホールツアー2021“Billow”東京公演のレポート到着

アシンメトリーに大小多数配置されたステージ後方の立方体のオブジェには、楽曲個々の世界観と共鳴するような映像が映し出され、オーディエンスの没入感をさらに高めた。

須田景凪「この世界の渦中のひとりとして作った」 ホールツアー2021“Billow”東京公演のレポート到着


儚くも切実な愛と生命を綴った「メメント」の、神秘的なまでの音空間。舞台上に設置されたソファに腰掛け、フレーズのひとつひとつを噛みしめるように歌う、《形にならないこの心》の讃美歌=「Carol」。娯楽や享楽のためではなく、今この時代を懸命に生きる人の孤独や苦悩と共振するためのポップミュージックーーそんな須田景凪の表現者としての矜持が、ライブの随所からリアルに伝わってくる。

ライブ後半披露した「Alba」では、映画『水曜日が消えた』主題歌起用に際し「百人百様の日々を肯定する楽曲にしたい」と須田自身もコメントを寄せていたこの曲のポジティブな高揚感が、会場の高らかなクラップを呼び起こしていた。ライブ終盤まで一気に駆け抜け、観客に語りかける須田に、惜しみない拍手が巻き起こる。「少し懐かしい曲をやります」と演奏したのは、ボカロP・バルーン名義の名曲「シャルル」。弾むようなリズムと歌声が、オーディエンスを思い思いのダンスとクラップへと導いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.