くらし情報『宮沢氷魚が見せる存在感「自分だから演じられる役を求めて」』

2021年3月24日 12:00

宮沢氷魚が見せる存在感「自分だから演じられる役を求めて」

宮沢氷魚 撮影:須田卓馬

撮影:須田卓馬



こういう役をやらせたら右に出る者はいない。そう周囲に思わせる個性を持った俳優は、強い。

宮沢氷魚は、まさにそんな俳優のひとりだ。俗っぽさがまるでなくて、どこか謎めいている。そのミステリアスな佇まいで、これまでも衆目を集めてきた。

3月26日(金)公開の映画『騙し絵の牙』で演じた矢代聖も、宮沢氷魚にしか演じられない役だ。突如世に現れた、正体不明の新人小説家。宮沢の浮遊的な存在感が、矢代のカリスマ性に説得力を持たせている。

その笑みは、優雅でいて、底が知れない。曲者揃いの本作に、きっとあなたもダマされるはずだ。

得意な役どころがあることが、役者としての自信になる

宮沢氷魚が見せる存在感「自分だから演じられる役を求めて」


「(監督の)吉田大八さんと衣装合わせのときにお話をして。とにかく何を考えているのかわからない男の子にしようと決めました」

そう矢代聖として過ごした日々を、宮沢は追憶する。

「矢代聖は、登場シーンからすでにもうミステリアス。一体どういう人間なのか誰もわからないというキャラクターです。だから、まずはあまり感情を表情で出さないようにしようと。実際に思っていることや感じていることと表情がいい意味でリンクしない方が面白くなるんじゃないかなと考えながら演じていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.