くらし情報『27名のキャストが日替わりで出演  朗読劇「スマホを落としただけなのに」3月上演決定』

2021年2月1日 14:34

27名のキャストが日替わりで出演  朗読劇「スマホを落としただけなのに」3月上演決定

27名のキャストが日替わりで出演  朗読劇「スマホを落としただけなのに」3月上演決定


81プロデュース所属の人気声優が日替わりで出演する朗読劇の第7回公演「スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス」が、3月5日(金)〜14日(日)の10日間・全14公演、銀座・博品館劇場で上演されることが決定した。

シリーズ累計97万部突破の人気ミステリー小説で、2018年11月には映画化もされた大ヒット作品、志駕晃著「スマホを落としただけなのに」(『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ、宝島社文庫)。本作は、シリーズ3作目となる「スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス」(宝島社文庫)の朗読劇となる。

シリーズ最多の計27名のキャストが日替わりで出演し、全14公演でキャストと配役の組み合わせが全て変わるため、ファンには見逃せない公演が続くことになる。感染症拡散防止の観点から、客席数はキャパシティの半分とし、全公演インターネットライブ配信(見逃し配信あり)を実施。また、指定席は配信チケット付きで販売する。

チケットは2月1日(月)昼12時から、イープラスで全席指定【配信チケット付】先行予約の受付がスタートする。

朗読劇「スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.