くらし情報『第20回東京フィルメックス、コンペティション部門に日本映画2作品が選出される』

2019年10月10日 18:19

第20回東京フィルメックス、コンペティション部門に日本映画2作品が選出される

左から、市山尚三氏、中川龍太郎監督、広瀬奈々子監督


作家主義を掲げ、アジアを中心に新たな才能を発掘・特集する『第20回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2019』のラインナップ発表会が10月10日、ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センターで行われ、映画祭のプログラムディレクターを務める市山尚三氏が上映作品を紹介した。

コンペティション部門の審査員は『ブラックボード 背負う人』、今年の特別招待作品である『ある女優の不在』で知られるイランを代表する女優のベーナズ・ジャファリ、香港の映画監督・脚本家・プロデューサーのシュウ・ケイ、写真家の操上和美氏。残り2名もスケジュールが確定次第、発表され、国際色あふれる計5名の審査員が審査にあたる。

会見にはコンペティション部門(10作品)に選出された『静かな雨』、『つつんで、ひらいて』を手がけた中川龍太郎監督、広瀬奈々子監督が出席した。『静かな雨』は宮下奈都のデビュー小説を、仲野太賀と衛藤美彩のダブル主演で映画化した作品で、中川監督は「一種のメロドラマですが、そこに留まらず、若い人たちが息詰まる現代を、いかに誠実に生きるか。そんなテーマを太賀さんと衛藤さんに託した。独特な世界観を見ていただければ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.