くらし情報『矢野顕子、年末恒例『さとがえるコンサート』ファイナル公演にMISIAがサプライズ出演』

2021年12月20日 15:00

矢野顕子、年末恒例『さとがえるコンサート』ファイナル公演にMISIAがサプライズ出演

矢野顕子×MISIA(『矢野顕子さとがえるコンサート2021 〜音楽はおくりもの〜』12月19日 東京・東京国際フォーラム ホールCより) 撮影:三浦憲治

撮影:三浦憲治



矢野顕子が、12月19日に東京・東京国際フォーラム ホールCでコンサートツアー『矢野顕子さとがえるコンサート2021 〜音楽はおくりもの〜』のファイナル公演を開催した。

デビュー以来日本を代表するアーティストとしてジャンルやカテゴリーに括られない斬新なスタイルで活躍を続ける矢野。今年7月25日に1976年のデビューアルバム『JAPANESE GIRL』の発表から45周年を迎え、8月25日にオリジナルアルバム『音楽はおくりもの』をリリースした。

『さとがえるコンサート』は矢野にとって年末恒例となっている公演で、今回のツアーは記念すべき1年を締めくくるべく、12月7日の神奈川・関内ホールを皮切りに6カ所7公演が行われた。矢野とともに『音楽はおくりもの』を一緒に作り上げた小原礼(b)、佐橋佳幸(g)、林立夫(ds)が出演し、見事なアンサンブルで「愛を告げる小鳥」や「わたしがうまれる」等のアルバム収録曲に加え、「春咲小紅」「ひとつだけ」といった自身の代表曲、さらに「Summer Breeze〜サマー・ガール」のメドレーや「Paper Doll」等のカバー曲も披露された。

矢野顕子、年末恒例『さとがえるコンサート』ファイナル公演にMISIAがサプライズ出演


さらにアンコールでは、スペシャルゲストとしてアルバム表題曲「音楽はおくりもの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.