くらし情報『ポップで楽しい戦争映画!? ナチズムに傾倒する少年描く『ジョジョ・ラビット』』

2020年1月16日 00:00

ポップで楽しい戦争映画!? ナチズムに傾倒する少年描く『ジョジョ・ラビット』

(C)2019 Twentieth Century Fox

(C)2019 Twentieth Century Fox



マーベルヒーローが活躍する超大作『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手がけ、怒涛のコメディ演出で観客を驚かせたタイカ・ワイティティ監督。その最新作は、10歳の少年を主人公に、笑いや感動描写のある、超異色のナチス映画『ジョジョ・ラビット』だった。

そう聞くと、めちゃくちゃな内容を想像してしまうが、本作は、来る第92回アカデミー賞で、作品賞、助演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)をはじめ6部門にノミネートされるなど、すでに評価が高まっている話題作だ。共演にサム・ロックウェルやレベル・ウィルソンらが名を連ねているのも豪華。

物語の舞台は、第2次世界大戦下のドイツ。青少年集団“ヒトラーユーゲント”の兵士になろうと奮闘している10歳のジョジョ少年(ローマン・グリフィン・デイビス)は、頭の中で空想した友達である、皮肉屋で愉快なアドルフ・ヒトラーおじさんを、心の拠り所としていた。だが心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺すことができず、教官から“ジョジョ・ラビット”というあだ名をつけられてしまう。

そんなある日、ジョジョは母親(スカーレット・ヨハンソン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.