くらし情報『三池崇史監督がデビュー作を主演・椎名桔平と語る 『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』トークイベント開催決定』

2019年6月25日 11:00

三池崇史監督がデビュー作を主演・椎名桔平と語る 『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』トークイベント開催決定

『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』 (c)1995 KADOKAWA

(c)1995 KADOKAWA



デジタルシネマにフォーカスし、“若手映像クリエイターの登竜門”として次代を担う新たな才能の発掘を目指す『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』が、7月13日(土)〜21日(日)の9日間、16回目の開催を迎える。この度、映画祭の特集上映の中で、三池崇史監督と椎名桔平が登壇することが決定した。

今回行われる特集上映では、“トップランナーたちの原点”と題し、ジョージ・ルーカス監督『THX-1138 ディレクターズカット』、クリント・イーストウッド監督『恐怖のメロディ』、スティーヴン・ソダーバーグ監督『セックスと嘘とビデオテープ』、三池崇史監督、椎名桔平主演『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』といった、4人の巨匠監督の才気あふれる貴重なデビュー作を上映する。

『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』は、1995年の公開当時、東京では新宿シネパトスでわずか2週間のみ公開され、その後、現在に至るまでスクリーンで上映されたことのほとんどない、三池監督の幻の劇場用長編デビュー作だ。

トークイベントでは、2019年度の本映画祭・国際コンペティションで審査委員長を務める三池監督と、椎名、そして『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』のプロデューサーであり、現在は本映画祭ディレクターを務める土川勉の3者が、製作から公開に至るまでの当時の思い出を振り返りつつ、三池監督のキャリアの出発点となった同作の制作秘話などを語る予定だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.