くらし情報『岡田准一と山田涼介の緊迫感溢れるカットも 『燃えよ剣』場面写真一挙公開』

2020年2月27日 12:00

岡田准一と山田涼介の緊迫感溢れるカットも 『燃えよ剣』場面写真一挙公開

の凛とした美しい姿。やがて新選組の局長として対立し合うことになる近藤勇(鈴木)と芹沢鴨(伊藤)が剣を握る様子。そして、京都の治安維持のため、過激浪士の駆逐を命じる徳川慶喜(山田)に対し、会津藩主・松平容保(尾上右近)が目を伏せ聞き入れるシーンなど、どの写真からも、それぞれの想いや交錯する思惑が漂い、期待が高まること請け合いだ。

さらに、思わず目を引くのは、衣装やロケ地といった原田監督こだわりの世界感。衣装デザインは、『日本のいちばん長い日』『関ヶ原』『検察側の罪人』など、原田作品を多く手がけている宮本まさ江が担当し、クールでスタイリッシュな黒の隊服で新選組のイメージを一新。ヘアー&メイクアップとして、『ハクソー・リッジ』『沈黙-サイレンス-』『SAYURI』など、ハリウッドで活躍するメイクアップアーティストのノリコ・ワタナベが参加し、徹底的にリアリティを追求した“洋かつら”を使用したという。

また、ロケ地は約60カ所に及び、西本願寺、二条城、仁和寺、姫路城などの世界遺産や国宝級建造物での撮影を敢行。岡田自身、「そこに立つだけで、その場所が(芝居を)助けてくれる。エネルギーを感じる場所ばかりだった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.