くらし情報『ジャンプの人気作『ワールドトリガー』が植田圭輔&溝口琢矢W主演で舞台化 11月より東京・大阪で上演』

2021年3月4日 12:00

ジャンプの人気作『ワールドトリガー』が植田圭輔&溝口琢矢W主演で舞台化 11月より東京・大阪で上演

『ワールドトリガー the Stage』 ©葦原大介/集英社 ©『ワールドトリガー the Stage』製作委員会

©葦原大介/集英社 ©『ワールドトリガー the Stage』製作委員会



葦原大介による漫画『ワールドトリガー』の舞台化が決定。『ワールドトリガー the Stage』として11月〜12月にかけて、東京・大阪の2拠点で上演されることが発表され、併せてキービジュアル、メインキャラクターのキャラクタービジュアル、脚本・演出を務める中屋敷法仁のコメントが到着した。

原作は、近界民(ネイバー)と呼ばれる異世界からの侵略者と戦う組織を描いたSFアクション漫画作品。2013年から『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載を開始し、2018年からは『ジャンプSQ.』(集英社刊)へと発表の場を移して大好評掲載中となっている。なお、2014年にはアニメ化され、1stシーズンから“4年半”の時を経て、超進化を遂げた2ndシーズンが2021年1月より放送中だ。

脚本・演出は、小劇場から2.5次元ミュージカルまで幅広い演劇作品を手掛ける中屋敷。音楽にGIRA MUNDO、振付にエンタテインメント集団「梅棒」を迎える。空閑遊真役の植田圭輔と三雲修役の溝口琢矢がW主演を務めるほか、出演者には実力派俳優が名を連ね、本作のために考案された新たな演劇表現“フィジカライブ”(Physical×Live performance)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.