くらし情報『韓国でロングセラー! 働く女性を中心に圧倒的共感を呼んだエッセイが待望の邦訳で登場。「疲れた一日の終わり、それでも私はまだ仕事とともに進みたい」』

2024年4月24日 10:00

韓国でロングセラー! 働く女性を中心に圧倒的共感を呼んだエッセイが待望の邦訳で登場。「疲れた一日の終わり、それでも私はまだ仕事とともに進みたい」

休息さえもが生産性云々で語られるような昨今です。その日のルーティンを終えてほっとして休むことについてぼんやり考えるよりも、勉強であれ投資であれ余暇であれなんであれ、戦闘的な姿勢で臨まなければならない時代になっています。自分を大切に生きるために、働くために、人はどうあるべきなのでしょう。そんなことを思いながらこの本を書きました。この本が私を救ってくれたように、あなたにとっても何かちょっとした助けになれたらと願っています。

私たちがそれぞれの場所で頼れるパートナーとして、日々生活する人として、互いをリスペクトしあえたらと思うのです。実力、信頼、リスペクトする心があれば、私たちはもっと長くフィールドで活躍できるはず。今日もどこかで奔走するあなたの一日を応援しています。


(「プロローグあなたとわたしの毎日の気持ち」より)

韓国でロングセラー! 働く女性を中心に圧倒的共感を呼んだエッセイが待望の邦訳で登場。「疲れた一日の終わり、それでも私はまだ仕事とともに進みたい」


【目次】



プロローグあなたとわたしの毎日の気持ち
1「今日」を生きる
2会社を辞める前に仕事ができるようになろう
3危機のときこそ輝きを放つ人
4自分を見失う前に、疲弊する前に
5キャリアの次を準備する方法
訳者あとがきよどまず、たゆまず、堂々と

【著者プロフィール】

イ・ダヘ
作家、映画雑誌『CINE21』の記者。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.