くらし情報『麗澤大学と長崎県平戸市 包括連携に関する協定を締結』

2024年5月21日 13:00

麗澤大学と長崎県平戸市 包括連携に関する協定を締結

人口減少時代を見据えた持続可能な地域社会の実現を目指す

目次

・人口減少時代を見据えた持続可能な地域社会の実現を目指す
・【主な連携内容】
・【長崎県平戸市黒田成彦市長コメント】
・【麗澤大学学長徳永澄憲コメント】
・【麗澤大学について】
麗澤大学と長崎県平戸市 包括連携に関する協定を締結

黒田市長(左)と麗澤大学学長徳永澄憲(右)

麗澤大学(千葉県柏市/学長:徳永澄憲)と長崎県平戸市(市長:黒田成彦)は、相互に協力し合いながら、持続可能な地域社会の実現に向けて取り組んでいくことを目的に、「包括連携に関する協定」を2024年5月14日に締結いたしました。麗澤大学が自治体と連携を結ぶのは、今回で8例目となります。

平戸市は、今後の人口減少時代を見据え、持続可能な地域社会の実現に向けた取組を進めており、市民一人ひとりが互いに支えあい、称えあう地域コミュニケーションを再構築し、教育や文化の推進、観光の推進など、様々な分野において新たな活力を生み出していくことを目指しています。知徳一体の教育理念の基、学生一人ひとりが仁愛の精神を培い、様々な知識を修得することで、社会の発展に貢献できる人材育成に努める麗澤大学と平戸市の方向性が一致したことが、本協定締結のきっかけです。

本協定を機に平戸市内のまちづくり運営協議会・筑波大学都市計測実験室と連携し、「平戸市まちづくりプロジェクト」を発足し、本学学生が町の課題発見と解決策の提案に向けて取り組んでいきます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.