くらし情報『海外でも高い評価を受ける演劇集団池の下 第28回公演はピンター作『いわばアラスカ』上演間近 カンフェティでチケット発売』

2021年12月6日 13:00

海外でも高い評価を受ける演劇集団池の下 第28回公演はピンター作『いわばアラスカ』上演間近 カンフェティでチケット発売

池の下(代表:長野和文)主催による池の下第28回公演『いわばアラスカ』が2021年12月17日 (金) ~2021年12月19日 (日)に劇場MOMO(東京都中野区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにてチケット発売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=63117&

公式ホームページ
http://www.ikenoshita.com

海外でも高い評価を受ける演劇集団池の下 第28回公演はピンター作『いわばアラスカ』上演間近 カンフェティでチケット発売


池の下「海外作品シリーズ」

人間の奥底に潜む真実にせまるシリーズ。これまでアゴタ・クリストフ『エレベーターの鍵』、マルグリット・デュラス『アガタ』、ハロルド・ピンター『灰から灰へ』を取り上げてきました。フィジカルでシンボリックな舞台は作品に新たな命を吹き込んできました。今回は2回目となるピンター作品『いわばアラスカ』を上演します。

『いわばアラスカ』について

『いわばアラスカ』は、ピンター自身が断っている通り、オリヴァー・サックスの著書『覚醒』(邦訳題名は『レナードの朝』)から──特に「ローズ・R」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.