くらし情報『ロシアが誇る名門バレエ団「ボリショイ・バレエ」の東京公演が開幕!』

2012年1月31日 14:58

ロシアが誇る名門バレエ団「ボリショイ・バレエ」の東京公演が開幕!

ロシアが誇る名門バレエ団「ボリショイ・バレエ」の東京公演が開幕!
1月30日、「ボリショイ・バレエ」が東京公演初日を前に都内で記者会見を行い、新芸術監督セルゲイ・フィーリンとダンサーらが登壇した。

「ボリショイ・バレエ」チケット情報

ボリショイ劇場は老朽化に伴い2005年より大規模修繕工事を行っていたが昨年、本館が6年ぶりにリニューアルオープン。今回の来日は復活後初の海外公演となる。また、昨年11月から同団バレエマスターでロシアを代表する演出家・振付家ユーリー・グリゴローヴィチの名を冠した「グリゴローヴィチ・フェスティバル」として『眠れる森の美女』や『くるみ割り人形』などを上演しており、本公演もこのフェスティバルの一環として行われる。演目は、グリゴローヴィチの代表作、『スパルタクス』『白鳥の湖』『ライモンダ』の3作品を上演する。

昨年3月に芸術監督に就任したセルゲイ・フィーリンは「今回も(日本に)素晴らしいスターたちを連れて来ました。私達を愛してくれる日本の観客の期待に応えられるよう、素晴らしい踊りを披露したい」と抱負を語った。

またダンサー達はそれぞれ意気込みを語った。「日本の観客からの温かい気持ちをステージで感じています。東京公演の初日(31日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.