くらし情報『女子7人制ラグビー日本代表のヘッドコーチに浅見敬子が就任』

2012年3月29日 10:50

女子7人制ラグビー日本代表のヘッドコーチに浅見敬子が就任

女子7人制ラグビー日本代表のヘッドコーチに浅見敬子が就任
日本ラグビーフットボール協会は3月28日(水)、女子7人制ラグビー日本代表チームのヘッドコーチに浅見敬子が就任することを発表した。

「東京セブンズ 2012」開催情報

浅見は日本体育大学でスクラムハーフ・スタンドオフとして活躍。その後、2002年女子ラグビークラブPHOENIX(フェニックス)設立に参加し、同年行われた女子ラグビーW杯スペイン大会には全4試合に出場した。2007年から女子15人制日本代表コーチ、2011年から女子7人制代表コーチを歴任。今年4月1日からヘッドコーチとしてフルタイムで代表チームの強化にあたる。

当日は3月31日(土)・4月1日(日)に開催の「東京セブンズ 2012」で行われる女子エキシビションマッチに参加する選抜選手28名もあわせて発表。選抜された鈴木彩香(横濱ラグビーアカデミー)と山口真理恵(Rugirl-7)はそれぞれ、「最高のパフォーマンスをお見せしたい」(鈴木)、「ひとりひとりの努力が実を結ぶよう頑張る」(山口)とアピール。これに対し新ヘッドコーチの浅見は「新たな選手を発掘すべくセレクションをかねてエキシビションマッチに臨みたい」と意欲的に語った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.