くらし情報『平田裕一郎ら若手俳優で描く赤ちゃんとママの物語』

平田裕一郎ら若手俳優で描く赤ちゃんとママの物語

2015年2月27日 16:45
 

平田裕一郎ら若手俳優で描く赤ちゃんとママの物語
2013年の「ママと僕たち」の好評を受けて、その翌年に上演された「ママと僕たち~おべんきょイヤイヤBABYS~」。これら“ママ僕シリーズ”が現在、連続上演中だ。大盛況のうちに幕を閉じた「ママと僕たち」に続き、2月21日には「~おべんきょイヤイヤBABYS~」が開幕。前作に続いて、いま注目の若手キャストを小劇場界のベテランが支え、意外なほど真っすぐに親子愛を描いた作品となっている。

舞台『ママと僕たち~おべんきょイヤイヤBABYS~』チケット情報

英才教育を施す幼児教室〈のびる会〉に入ったキミヒコ(原嶋元久)は、頭は悪いが笑顔はピカイチのヨシオ(平田裕一郎)や、初代“ミスター赤ちゃん”を父にもつトウマ(赤澤燈)、ハーフのトーマス(染谷俊之)、保育士のりりか先生(宮下今日子)の息子・ソウタ(水石亜飛夢)らに出会う。秀才クラスの“がんばリス”ではなく、落ちこぼれクラスの“あんまリス”に入れられて落ち込むヨシオやキミヒコらだったが、担任のヨシヱ園長(中尾ミエ)が繰り広げる歌やダンスに夢中になる。昔の伸び伸びとした〈のびる会〉とは変わってしまったと嘆く園長の言葉通り、ある日、ママたちの想いを裏切るような事態が起こる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.