くらし情報『元日決勝の舞台に立つのは? いよいよ天皇杯8強戦』

2015年12月11日 18:15

元日決勝の舞台に立つのは? いよいよ天皇杯8強戦

元日決勝の舞台に立つのは? いよいよ天皇杯8強戦
Jリーグ王者・サンフレッチェ広島が出場中の『FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2015』が盛り上がっている中で恐縮だが、年末年始にはサッカー界の風物詩が控えている。2年ぶりに元日決勝を迎える『第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会』だ。前回のラウンド16から、約1か月半を経て12月26日(土)にキックオフを迎える準々決勝の組み合わせは以下の通り。

天皇杯全日本サッカー選手権大会

【準々決勝組み合わせ】
ヴィッセル神戸×浦和レッズ・ヤンマースタジアム長居
ベガルタ仙台×柏レイソル・ユアテックスタジアム仙台
ガンバ大阪×サガン鳥栖・万博記念競技場
FC東京×サンフレッチェ広島・長崎県立総合運動公園陸上競技

ここで、準々決勝に進出した各クラブのラウンド16の戦いぶりを振り返りたい。

神戸は、横浜F・マリノスを相手に苦戦を強いられたが、森岡亮太が75分に決めた虎の子の1点を守り切り、12年ぶりにベスト8へ進出を果たした。対する浦和は、来季J2に昇格するFC町田ゼルビアに、主力を温存しながらも格の違いを見せつけた。DF・橋本和の先制ゴールを皮切りに、李忠成関根貴大と立て続けに得点を決め、7-1と難なく試合を終えた。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.