くらし情報『加藤登紀子、「愛の4楽章」に込めたラブソングへの思い』

2019年4月12日 18:10

加藤登紀子、「愛の4楽章」に込めたラブソングへの思い

私としての歌と、多くの人の思いが詰まった珠玉の名曲を両方歌うことによって、たくさんのものが伝わってくるんです」

シャンソンの歌詞を例にとり、「男は女の中に答えを求めるけれど、女は男に答えを求めない」「女にとって男と生きるということは、問題を抱えるということ」と鋭く迫りつつ、「いつも男の人を応援するために歌ってますから」とにっこり笑う。ジャンルを超え、愛に生き愛を歌ってきた稀代のシンガー・加藤登紀子の解釈で、ラブソングの名曲たちがぐっと身近なものになる。

「こういう歌は私の人生模様と重なり合う部分が多くて、ステージでラブソングを歌っていると涙が出ちゃうぐらい、本当に愛してるって叫びたくなるのね。でも家に帰ってそばにいる人に“愛してる”って言ったことはないなと思うわけ。日常では言えないんですよ。だから心の中で時々確かめることをしたほうがいいですよね。そういうことを、私のコンサートで感じていただけたらとても嬉しいです」
加藤登紀子コンサート2019~LOVE LOVE LOVE~愛の4楽章~の東京公演は6月9日(日)、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて。「いつも新しい人に出会いたい」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.