くらし情報『加藤登紀子、「愛の4楽章」に込めたラブソングへの思い』

2019年4月12日 18:10

加藤登紀子、「愛の4楽章」に込めたラブソングへの思い

加藤登紀子、「愛の4楽章」に込めたラブソングへの思い

加藤登紀子


今秋、歌手生活55年という節目の年に、加藤登紀子が最新の6枚組ベスト・アルバム『あなたに捧げる歌』と連動した~LOVE LOVE LOVE愛の4楽章~コンサートを開催する。歌手人生を“終りなき旅”と語るひとりの女性の、新たな舞台の幕が上がる。

【チケット情報はこちら】

「人生を4幕とすると、1幕は序章、2幕は成長、3幕で展開があって、これからの4幕をどうまとめていくか。作曲家でも劇作家でも、4楽章が1番楽しみなわけです。これまでいろんな出来事、国、時代に応えようとして歌を作ってきたんですが、1番は人との出会いに応えていきたい。それが私の人生の4幕目の仕事かなと思っています」

コンサートは「始まり」「惑い」「追憶」「永遠」と題した4楽章に沿って、代表曲を網羅するベスト選曲になる予定。『愛の讃歌』『枯葉』などシャンソンの名曲はもちろん、『ひとり寝の子守唄』『LOVE LOVE LOVE』など、選りすぐりの自作曲もたっぷり聴けるはずだ。

「去年のコンサートは世界地図のようなものでしたけど、今回はオリジナルのラブソングをいっぱい歌います。オリジナル曲とシャンソンの名曲は、日記と大河小説のようなもので、両方に大切さがあるんですね。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.