くらし情報『外国では数字はどう表現する?世界の「数え方ジェスチャー」5選』

外国では数字はどう表現する?世界の「数え方ジェスチャー」5選

外国では数字はどう表現する?世界の「数え方ジェスチャー」5選


数を計算するとき、他の人に数字を伝えるとき、私たちは無意識に手の形で数を表しています。

数を表すジェスチャーは多くの国に存在するものの、表現の仕方は国によってさまざま。国別に、数字を表すジェスチャーをくらべてみましょう。

■1:アメリカ・・・人差し指から順に立てていく

人によって異なる場合もあるようですが、アメリカでは多くの場合、手を握った状態から、人差し指、中指、薬指、小指、親指の順に立てて数えます。日本で人に数字を見せる場合と同じですね。

■2:中国、台湾・・・人差し指から順に立てて6以降は特殊な形

中国や台湾では10までは片手での表し方が決まっています。1~5まではアメリカ式と同じですが、6~10までは中国と台湾それぞれ別の、その数字専用の特殊な手の形が決まっています。

中国だったら6は親指と小指を立てる、7は中指、人差し指を立てて3本の指で丸をつくる、8は親指と人差し指を立てる、9は人差し指だけ立てた状態から丸めて親指にくっつける、10は人差し指と中指を立ててクロスさせて表します。


台湾の6は中国と同じですが、7は2種類の表し方があり、なんと中国の8か9と同じ。これはとても紛らわしそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.