くらし情報『ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅』

2015年3月17日 02:17

ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅

ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅


みなさんこんにちは。視察旅行第2弾としてカヤー州ロイコーについてご紹介します。

ロイコー(Loikaw)はミャンマー東部でタイに接するカヤー州の州都で、インレー湖から車で約6時間半、ヤンゴンからは飛行機で行くこともできます。首長族が住む町としても有名なロイコーですが、美しい山々、市場、寺院と見所もたくさんあります!

カヤー州の日
ラッキーなことに私たちが訪れた1月15日はカヤー州の日。1年に1度だけカヤー州の10以上の民族が集まって祝っていました。

ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅


ステージでの催しものに加え、アトラクションなどで楽しむ人も。
ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅

日本の遊園地でもよく見かけるこちら。でもよく見ると・・・何名か立って乗っています。恐らく、座らないと危険という観念が無いんでしょうね。(笑)

朝の市場
朝の市場はとっても賑やかです。食材も野菜から魚までたくさん!

ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅


ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅


カヤー族の村
カヤー族の民族衣装です♪お洒落ですね。

ミャンマーのカヤー州で少数民族に出会う旅


タウングークェー・パゴダ(Taung Kwe Pagoda)
ミャンマーではいろいろなタイプのパゴダがありますが、タウングークェー・パゴダは小さなパゴダがいくつも合わさっています。ロイコー特有のパゴダです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.