くらし情報『「仮初」=「かりはつ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選』

2021年6月19日 07:00

「仮初」=「かりはつ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「仮初」=「かりはつ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選


みなさんは、「仮初」の読み方がわかりますか?「かりはつ」と読んでしまった人は、それは間違いなので要注意!今回は、難読漢字を4つみなさんにご紹介します。読める漢字があるかどうか、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

(1)「五月女」「五月女」の読み方は、「さおとめ」と読むのが正解です!「五月女(さおとめ)」とは日本の名字のひとつで、「早乙女(さおとめ)」が変化してできたものです。「早乙女(さおとめ)」とは、5月頃の田んぼに苗を植える女性のことです。「五月女(さおとめ)」という名字は栃木県に多く存在し、「そうとめ」や「そおとめ」、「さつきめ」などさまざまな読み方があります。(2)「毋れ」「毋れ」の読み方は、「なかれ」と読むのが正解です!「毋れ(なかれ)」とは禁止の意を表す言葉で、”〜してはいけない”や”〜するな”という意味で使うことができます。たとえば、”驚いてはいけない”ということを、”驚く毋れ(なかれ)”と表現することができます。また、「なかれ」はほかにも漢字表記があり、「勿れ」や「莫れ」と書くこともできます。(3)「仮初」「仮初」の読み方は、「かりそめ」と読むのが正解です!「仮初(かりそめ)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.