くらし情報『宮城県水産振興協会が次世代へ豊かな海を引き継ぐための稚魚放流事業のクラウドファンディングを12月3日まで受付』

2021年10月21日 21:00

宮城県水産振興協会が次世代へ豊かな海を引き継ぐための稚魚放流事業のクラウドファンディングを12月3日まで受付

公益財団法人宮城県水産振興協会(所在地:宮城県宮城郡七ヶ浜町松ヶ浜字浜屋敷142番地の1、代表:理事長 永島 宏)は、ヒラメ稚魚放流事業の資金調達を目的に2021年10月8日「地球温暖化で変わる東北の海に稚魚を放流して、豊かな海を守ろう」のクラウドファンディングを開始しました。

宮城県水産振興協会URL :http://www.mgff.or.jp
クラウドファンディングURL:https://readyfor.jp/projects/2021hirame

宮城県水産振興協会が次世代へ豊かな海を引き継ぐための稚魚放流事業のクラウドファンディングを12月3日まで受付

これから海に放流するヒラメの稚魚です。

【プロジェクト開始の背景】
公益財団法人宮城県水産振興協会は、漁業者の皆さんのご協力で資金を集め、ヒラメ稚魚の放流事業を続けてきましたが、地球温暖化による海洋環境の変化に影響を受けて漁獲量が減少するなど、漁業者の皆さんの協力だけでは、事業継続のための資金が不足しています。
海の生き物には所有権がありません。これを無主物と言います。私たちは、お金をかけて育成した魚を海に放流して、所有権のない無主物にするという、通常では考えられない仕事をしていますが、これぞ究極の公益事業であると考えています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.