くらし情報『冬限定!京都三大漬物「すぐき漬け」を12月3日販売開始 コクのある酸味とかぶらの甘みが美味しい、京都伝統のお漬物』

2021年12月6日 15:15

冬限定!京都三大漬物「すぐき漬け」を12月3日販売開始 コクのある酸味とかぶらの甘みが美味しい、京都伝統のお漬物

賀茂のすぐき販売所(所在地:京都府京都市、販売責任者:井ノ口 敏秀)は、冬しか漬けられない京都三大漬物の「すぐき」が今年もおいしく漬かりましたので、2021年12月3日(金)に店舗およびオンラインショップにて販売を開始しました。

冬限定!京都三大漬物「すぐき漬け」を12月3日販売開始 コクのある酸味とかぶらの甘みが美味しい、京都伝統のお漬物

『すぐき漬け』の盛り付け

■『すぐき漬け』の特徴・詳細
「すぐき」はかぶらの一種で、千枚漬、しば漬けと並んで京都三大漬物と呼ばれています。京都では「すぐき」といえば「すぐきの漬物」のことを指し、熱烈なファンがいて、千枚漬やしば漬けより「すぐき」が好きという人の方が多い程です。しかし、全国的にみるとあまり知名度がございません。

その原因の一つに、「すぐき」は京都の上賀茂・西賀茂地区の農家でしか漬けておらず、京都以外にはあまり流通していないことが挙げられます。「水菜」や「はも」は、今でこそ全国区になっていますが、以前は京都でしか主に食べられていませんでした。おいしさでは、「すぐき」もそれに続く実力を十分に持っています。

そこで、賀茂のすぐき販売所では、「すぐき」の美味しさを全国の方に知っていただくために、2010年にインターネットでも販売を開始。今年もおいしく漬かりましたので、12月3日に発売しました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.