くらし情報『タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~』

2022年1月18日 10:00

タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~

株式会社タナック(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役:棚橋 一成、以下 タナック)と医療法人山下病院 サステナビリティ推進室(愛知県一宮市、理事長:服部 昌志、以下 山下病院)は、一般ユーザー向けのゲル製マスクカバー「マスピタ」の新シリーズとして、内視鏡用モデル「マスピタ(内視鏡用)」をSDGs、人間工学に基づいて共同開発しました。医療従事者の感染リスクを低減、洗浄・消毒をして繰り返し使用できる環境に優しい製品として2022年1月26日から販売開始します。(図1、2)

マスピタ(内視鏡用)の紹介ページ:https://maspita.k-tanac.co.jp/endoscope/

タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~

図1 マスピタ(内視鏡用)の製品画像

【「マスピタ(内視鏡用)」開発の背景】
タナックは、マスクの隙間をなくすゲル製マスクカバー「マスピタ」を2020年4月13日から販売開始しており、一般ユーザー向けに100,000枚以上販売、ご愛顧いただいております。
山下病院では、内視鏡検査時に医療従事者の感染リスクを低減するために「マスピタ」を使用しています。内視鏡検査時により適したモデルへ改良する(以下3点)ことで「マスピタ(内視鏡用)」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.