くらし情報『タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~』

2022年1月18日 10:00

タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~

が誕生しました。

タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~

図2 マスピタ(内視鏡)3枚入パッケージ

(1)鼻にかからない形状
(2)人体寸法データ※1で、頬・人中長の幅を変更
(3)検査者の見落とし防止のため青色へ変更

※1 ISO/TR 7250-2: 2010 Basic human body measurements for technological design -- Part 2:Statistical summaries of body measurements from national populations

【「マスピタ(内視鏡用)」の特徴】
医療従事者の感染リスク低減について医療現場では大きな課題になっています。内視鏡検査時には患者の口から漏れる飛沫軽減対策が喫緊の課題となっています。その中で不織布マスクに穴をあける、テープで患者の口にガーゼを貼り付ける等の対策がとられていますが、共通する課題は隙間を少なくすることです。「マスピタ(内視鏡用)」を使用することで隙間を埋め、医療従事者の感染リスクを低減することができます。(図3、4、5)

タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~

図3 装着時の様子

タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~

図4 経鼻内視鏡検査時

タナック・山下病院が共同開発「マスピタ(内視鏡用)」新発売 ~内視鏡検査時の飛沫を抑え、医療従事者の感染リスクを低減~

図5 経口内視鏡検査時

【「マスピタ(内視鏡用)」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.