恋愛情報『パーフェクトな彼氏だったのに…結婚後に発覚した落とし穴とは』

2019年7月21日 13:45

パーフェクトな彼氏だったのに…結婚後に発覚した落とし穴とは

彼氏としてはパーフェクトだったけれど、結婚してから性格が変わってしまう男性は一定数存在しています。

むしろ、パーフェクトな部分が結婚後にダメな旦那となる原因かも……。それって一体どんな男性なのでしょうか。

今回は旦那さんに不満を持つ女性にお話を聞いてきました。

結婚後に発覚したダメンズ


■ デート代は男性持ち

「付き合っているときにデート代は全て彼が出してくれていたんです。お金があって彼氏としては本当に申し分なかったけど、結婚したとたん亭主関白で『金は俺が稼いでくるから他のことは全部やれ』って感じで、ホントこんなはずじゃなかった」(Tさん・31歳女性)

デート代は男性が出してくれると女性としては助かりますとね。

しかし、女性にお金を出させない男性は女性に口も出させない人。家庭においても主導権を握りたがり、亭主関白を発揮。

また、体育会系出身の男性も上下関係に厳しく、亭主関白になりやすい傾向があります。

■ 自分にだけ優しい

「交際していたときの彼は本当に私にだけ優しかったんです。それが嬉しくて優越感があったんですけど、結婚したとたん、釣った魚には餌をやらないって感じで。自分が手に入れたいものにだけ優しかったんだって思いました」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.