恋愛情報『上手に伝えて♡彼氏に構ってほしいときのポイント4つ』

2022年1月26日 21:00

上手に伝えて♡彼氏に構ってほしいときのポイント4つ

男性はそんな気がなくても、女性からすると「冷たい」「もっと構ってほしい」と思うこともあるのではないでしょうか。

あなたはそんなとき、どうしますか?

残念ながら鈍い男性も多く、遠回しに伝える程度ではなかなかわかってくれないことも……。

そこで今回は、彼氏に構ってほしいときのポイントを4つご紹介します。

上手に伝えて♡彼氏に構ってほしいときのポイント4つ


■ 押してダメなら引いてみる

何度も同じ要望を伝えると、彼に「しつこいな……」と思われてしまうかもしれません。

一度そう思われてしまうと彼からの愛も冷めてしまう可能性が。

それだけは避けたいところです。

何度か伝えてみてダメなら、一度彼から離れて、彼に依存している状況から抜け出しましょう。

離れると言っても「距離を置く」というようなことではなく、プライベートを今まで以上に充実させて忙しくし、自分には彼だけではないという状況を作るのが効果的。

精神的にも余裕が出ますし、少し離れている間に彼も気づいてくれるかもしれません。

■ 「〇〇だと嬉しい」とポジティブに伝えてみる

一番わかりやすく彼に伝わるのは、やはり言葉でしょう。

しかし、ただ「構ってほしい」というような、不満を伝える言い方だとマイナスなイメージに……。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.