恋愛情報『記憶が薄れゆく認知症の母へ。50歳の娘が届けた感謝の手紙 #15』

2019年12月20日 19:40

記憶が薄れゆく認知症の母へ。50歳の娘が届けた感謝の手紙 #15

一年の締めくくりに「ありがとう」の気持ちを綴るクリスマスカードや新年に向けた年賀状。感謝の気持ちを感じることで健康と幸福度が上がることは、科学研究で明かされています。また感謝の心を表すことでさらに関係性が強くなるということも。50歳の誕生日から毎週1通、合計50通の「感謝の手紙」を贈るという計画をスタートした作家は、認知症を患う母親を最初の受取人にします。彼女の心温まるストーリーとともに感謝の手紙の書き方、届け方をあなたへの「感謝の手紙」としてお伝えします。

取材、文・土居彩 看板写真・Yumiko Sushitani

目次

・幸せになる「感謝の手紙」の書き方。
・心がぐっと近づく「感謝の手紙」の届け方。
・ナンシーが贈る、母への「ありがとう」の気持ち。


【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 15

記憶が薄れゆく認知症の母へ。50歳の娘が届けた感謝の手紙 #15


クリスマスカードや年賀状書きのラストスパートを迎えられているころでしょうか。一年の締めくくりに「ありがとう」の気持ちを込めて送るこの手紙にも、あなたを幸せにするカギがあります。

幸福学のエキスパート、ソニア・リュボミアスキー博士によると、私たちの幸せを決める要因として、幸せを感じられる遺伝的な力である遺伝要因は5割。どんな仕事をしているか、パートナーがいるかいないか、美人かそうでないかという環境要因は1割。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.