恋愛情報『男性がキュンとした女子の方言の実例「酔うてもた」「ほいじゃったら」…』

男性がキュンとした女子の方言の実例「酔うてもた」「ほいじゃったら」…

2018年4月9日 16:50
 

目次

・男性が語る「萌えた方言」
・どんなときに方言を話してほしい?
・びっくりされた方言エピソード
・その一言が恋を呼ぶ?
男性がキュンとした女子の方言の実例「酔うてもた」「ほいじゃったら」…

一時は連日、テレビで取り上げられていた「そだねー」。オリンピックのカーリング女子たちが競技中、よく口にしていたあの言葉は、今年の流行語大賞の有力候補なんて言われていますよね。

「そだねー」に限らず、女性が何気なく使う“方言”にキュンとする男性は多いもの。もはや方言は地方出身女性の特権!上手に使えば恋愛の武器にもなるんです。あなたも故郷の言葉を巧みに使って意中の彼を萌えさせてみませんか?

■男性が語る「萌えた方言」

まず、男性に聞いた「方言萌え」エピソードのご紹介です。果たして彼らはどんな言葉にキュンキュンしたのでしょう?

「できる女として知られる先輩が、職場で僕のことを『けんいち!』って呼んだんです。『え?』とびっくりすると、顔を真っ赤にして『ちゃうねん!ちゃうねん!昨日から弟が泊りに来てたから間違えてん!』と。普段はクールな先輩の、まさかの関西弁。めちゃめちゃ萌えました」(26歳/専門商社)

「同期の女子のLINEスタンプが、シュールで趣味が悪いんです。同期の飲み会のときにその話題で盛り上がって、みんなでその子をイジりまくり。そしたら彼女、ちょっとスネたように『ほいじゃったら、もう二度とスタンプ使わんけ』って。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.