恋愛情報『毒親育ちが恋愛できない理由は?『過保護のカホコ』状態を卒業する秘訣』

2017年8月12日 15:30

毒親育ちが恋愛できない理由は?『過保護のカホコ』状態を卒業する秘訣

目次

・自立できない親と子ども
・度がすぎるか過干渉はただの支配
・支配からの自立
・まとめ
毒親育ちが恋愛できない理由は?『過保護のカホコ』状態を卒業する秘訣


高畑充希さん主演のドラマ『過保護のカホコ』(日テレ系)が注目を集めていますね。

ヒロインのカホコこと根本加穂子は、今まですべて親任せに生きてきた箱入り娘。
ある日、同じ大学に通う画家志望の麦野初に「お前みたいな過保護がいるから日本が駄目になる」と批判されます。

自分は何がしたいのか?そんなことさえ考えたことなかった加穂子。
初の言葉は、今まで見えなかった加穂子の内面の扉を開く大きなきっかけとなったのです。

◆自立できない親と子ども

働いた経験のない加穂子は、「人を幸せにするための仕事がしたい」と、自分の中に秘めた願望があることに気づきます。

子どもが漠然とでも自分の進路や進みたいと思う道を見つけたら、親は応援するのが一般的ですよね。
しかし、加穂子の母親である泉は違います。就職活動より花嫁修業をするべきだ、と主張するのです。

さらに、初に恋心を抱く加穂子の変化を察知し、初と会わないように命じます。
泉にとって、加穂子は常に「自分が保護し愛玩できる存在」でなければならず、精神的に独立することを許そうとしません。

つまり、自立できないのは加穂子だけじゃなく、加穂子の母親である泉も同じなのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.