恋愛情報『愛するためにも愛されるためにも、必要なのは自信ではなく、覚悟です』

2019年5月15日 09:00

愛するためにも愛されるためにも、必要なのは自信ではなく、覚悟です

目次

・誰かを愛するために「自信」は本当に必要?
・「愛されたい」という呪いからの脱却
・真の自立とは「愛されることへの放棄」
・幸せになることは、決して楽なことではない
・あなたには人を愛する覚悟がありますか?
愛するためにも愛されるためにも、必要なのは自信ではなく、覚悟です


ハウコレでも何度も取り上げてきた「愛されること・愛すること」というテーマ。

僕はここでは『自分に自信がなければ人を愛することができない。なぜなら人を愛するためには、まずは自分を愛する必要があるよ』と説明きました。

しかし、最近妻とのコミュニケーションをしていく中で、「誰かを愛するのに自信は必要ないのでは?」と思うようになりました。

■誰かを愛するために「自信」は本当に必要?

僕はハウコレでは一貫して“愛は主体的でなければならない”と主張してきたつもりです。

なぜなら、愛されることを目的に生きてしまうと、自尊心や自己肯定感を他者に依存することになるからです。

「愛されること」を期待して生きるとうまくいかないので、

「自分を愛する」→「自分を満たす」→「その後相手を満たす」→「相手が満たされると相手も愛してくれる」→「自分もさらに満たされる」

というサイクルを回そう、と説明していたわけですね。

しかし、よくよく自分のことを振り返ってみると、僕は妻に対してそんなサイクルを回そうなんて思ったことは一回もないんです。

ただプロポーズした時に「この人のことを愛そう」と決めただけなんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.