恋愛情報『今すぐ”めんどくさい彼女”は卒業!「疲れた」と言わせないための自分改革』

2019年8月19日 17:00

今すぐ”めんどくさい彼女”は卒業!「疲れた」と言わせないための自分改革

だまって不機嫌になってしまうのは、じつは彼氏を疲れさせてしまう一番の原因。また、「どうせ私なんか・・・」とネガティブになるのもできれば避けたいところです。

最初こそ「突然不機嫌になった。どうしたんだろう。大丈夫?」と心配したり謝ってくれたりしてくれるかもしれません。しかし、これが何度も繰り返し起こると「めんどくさい彼女だなぁ」と思われてしまいます。

もちろん不機嫌になったりネガティブになったりすることは、誰にでもあります。特に生理前などは、気分が落ち込んでしまいますよね。ここで覚えておきたいのは、「黙って」そういう状態になってしまう点です。

■理由はできるだけしっかり説明する

ここでの対策としては、理由をできるだけ説明するということ。不機嫌になるのもネガティブになるのも、何か理由があるはずです。それをしっかり彼氏に伝えるようにしましょう。

生理前のPMSなどでネガティブになる期間がある人の場合は、「こういう時期があるからそっとしておいてくれると嬉しいな」など、柔らかく伝えてみてください。

彼の言動が気になって嫌な気持ちになった場合は「さっきの〇〇が嫌だったから、直してほしいな」など、とにかく素直に気持ちをぶつけてみましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.