恋愛情報『6月から札幌市でも導入へ 「同性パートナーシップ制度」ってどんな制度?』

2017年3月31日 21:00

6月から札幌市でも導入へ 「同性パートナーシップ制度」ってどんな制度?

目次

・法的効力はない!?結婚とは別物
・制度による民間企業への影響
・導入自治体は今後も増える?
6月から札幌市でも導入へ 「同性パートナーシップ制度」ってどんな制度?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「同性パートナーシップ制度」が6月から札幌市でも導入されることになりました。

4月に導入される予定を2カ月延期しての導入となります。延期の理由は市民への周知期間を設けるためだそうですが、たしかに当事者ではない人にとっては、この制度がどのようなものなのか、イメージしづらいかもしれません。

制度が持つ法的効力など、桜丘法律事務所の大窪和久弁護士に伺いました。

■法的効力はない!?結婚とは別物

札幌市の同性パートナーシップ制度と同様の制度は、2015年に東京都渋谷区が全国で初めて導入したのを皮切りに、世田谷区、三重県伊賀市、兵庫県宝塚市、沖縄県那覇市で実施されています。

このように導入自治体が増えつつある同性パートナーシップ制度ですが、これは結婚とはどのように違うのでしょうか?

「結婚をすることにより、民法に基づき夫婦間において様々な効力が生じます。夫婦間において親族関係が生じますし、同居の義務および扶養の義務も負うことになります。

他方、同性パートナーシップは自治体の条例に基づいて同性のパートナーについてその関係を認める書面を自治体が発行するというものですが、民法上の効力が生じるものではありません」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.