くらし情報『有名企業の社員を名乗り現金を騙し取り…どんな罪になる?』

2017年4月29日 23:30

有名企業の社員を名乗り現金を騙し取り…どんな罪になる?

目次

・偽名刺で相手を騙して財産を処分させれば詐欺罪!
・偽名刺で合コンでモテようとしたら罪になるのか?
有名企業の社員を名乗り現金を騙し取り…どんな罪になる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

4月に、大阪府警天王寺署は、某有名企業の偽名刺を見せて「荷物を積んだクルマを別の社員が乗っていって帰れない、あとで返すので交通費を貸してもらえないか」と見ず知らずの他人から金をだまし取っていた40歳の男を詐欺容疑で逮捕しました。

同様の被害は警察や同社に寄せられただけでも20件、190万円にのぼるということです。これ以外にも西日本を中心に60件以上被害があるとみられ、男は指名手配されていました。

この男のように偽名刺を作成し、金をだまし取ると、刑法上はどうなるのでしょうか?男は詐欺の容疑で指名手配されていました。桜丘法律事務所の大窪和久弁護士にお話を伺います。

■偽名刺で相手を騙して財産を処分させれば詐欺罪!

「その場合はやはり詐欺罪に問われます。

詐欺罪が成立するためには、相手を騙して財産を処分させたと言えることが必要ですが、“信用ある会社の社員からの申し出で交通費を貸す”ということが事実でなければ、言われた方もお金を見ず知らずの人間に渡すということは通常ないでしょうから、偽名刺で社員を名乗り交通費名目に金を受け取ろうとすることは、相手を騙して財産を処分させる行為にあたることになります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.