恋愛情報『「性格の不一致」を理由に離婚を切り出された…認められる?』

「性格の不一致」を理由に離婚を切り出された…認められる?

2018年2月13日 12:30
 

関連リンク

・下心丸見え…!ウザいお誘いLINEへの「華麗なる返信」3選
・男が「ちょいカワちょいブス」を結局一番好きな理由
・ドキッ、秘密の職場恋愛…誰にもバレずに結婚できる秘訣 #17
「性格の不一致」を理由に離婚を切り出された…認められる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

先日、インターネット上の掲示板に「妊娠中に突然夫から“性格の不一致で離婚したい”と告げられた。私は離婚したくないのだが、どうすればわからない」という相談の書き込みがありました。

夫は浮気をしているようで、離婚を口にしていますが、現在は子どもがいて、妊娠もしているようです。

子どもがいながら、「性格の不一致」と称して浮気を隠し離婚を迫るという行為に、「無責任だ」「妻はバカにされているのでは」批判の声が集中しています。

■妊娠中に「性格の不一致」で離婚はあり?

夫の行動については賛否両論ありますが、妻としては身籠った状態で離婚を告げられるのは、厳しいものがあるでしょう。

将来のことを考えると、やはり離婚は避けたいもの。そもそもこのような「性格の不一致」による離婚は、認められるのでしょうか?また、「妊娠中」であることは、考慮されるのか。

離婚問題に詳しい高島総合法律事務所の理崎智英弁護士に見解を伺いました。

■離婚事由として認められる?

「離婚事由として認められるのは、不貞行為や配偶者からの暴力その他“婚姻を継続し難い重大な事由”です。性格の不一致があるというだけでは“婚姻を継続し難い重大な事由”には該当しないため、離婚事由としては認められません。

性格の不一致によって夫婦関係がもはや修復不可能な状態(長期間別居している、同居していても長期間会話や性交渉が一切ない等)にまで至っている場合に初めて離婚事由として認められるに過ぎません」(理崎弁護士)

■妊娠中であることは考慮する要素になる?

「性格の不一致は原則として離婚事由とはならないため、妻が拒否している限り夫からの離婚請求は認められません。

妻が離婚を拒否することは当然の権利行使なので、妻が離婚を拒否しているという事実をもって離婚事由が認められることにはなりません。

なお、妊娠中であることが離婚を決める場合に考慮する要素となるか否かという点については妻が妊娠中であることは離婚を制限する事由として考慮されることになります」(理崎弁護士)

性格の不一致では夫婦関係が修復不可能な状態と認められない限り、離婚事由とはなりえないとのこと。一方が拒否している場合、離婚することは難しいようです。

子を持つということは、親に責任が発生します。妊娠中の浮気や離婚は、やはり無責任な行為といわざるをえないでしょう。

一時の感情だけでは、離婚することは難しいということも、結婚前にしっかりと把握しておくべきかもしれません。

*取材対応弁護士: 理崎智英(高島総合法律事務所。離婚、男女問題、遺産相続、借金問題(破産、民事再生等)を多数取り扱っている。)

*取材・文:櫻井哲夫(フリーライター。期待に応えられるライターを目指し日々奮闘中)

【画像】イメージです

*sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.