血管の老化を防いで若々しく健康でいるための方法まとめ

© aijiro - stock.adobe.com

血管の老化を防いで若々しく健康でいるための方法まとめ

加齢とともに老化する血管。近年では、欧米型の生活習慣で現代人の血管の老化スピードは速くなっているという話もあります。血管が詰まってしまうと、冷えや肌トラブル、抜け毛や肩こり、最悪の場合心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことも。だからこそ血管のケアは年齢問わず欠かせません。血管年齢を若返らせるために必要な栄養素やストレッチ法などをまとめました。

血管の老化を防いで若々しくいるためには

メンテナンスしてる? 冷えやおデブ体質を招く“血管の老化”を防ぐ方法【相談者:20代女性】ダイエット効果を高めるために、リンパマッサージをしたり服装を工夫したりして冷えないように心がけています。食事を減らしたり運動を取り入れたりもしているのですが、冷え性なのか末端やお腹が冷たいし、なかなか体重が減りません。 どこかやり方が間違っているのでしょうか……?●A. 冷えや代謝ダウンの原因は“血管の老化”かも。ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。体を温めることで体液循環を促すと、代謝がよくなり痩せやすくなります。ただし、血液を流している“血管”が不健康ではうまくいきません。血管が衰えると栄養がスムーズに行き渡らず体内のはたらきが弱まるため…
血液と血管のアンチエイジングこそが本物の美肌を作る!美肌の条件とは、血液と血管がキレイということと最近話題となっています。実は血液と血管力が落ちるとくすみやたるみ、シミなどの肌老化・肌トラブルが続出するというデータが雑誌『美的』に掲載されていました。これは化粧品メーカーの研究でも明らかになっており、美肌を目指したいならまずはスキンケアやエステよりも血液と血管をキレイにすることが近道であり重要課題なのです。自ら肌老化を促進させていませんか?美肌に大切なのはキレイな血液と血管と分かったところで、血液と血管を老化させる主な原因がこちら。・活性酸素(ストレス、紫外線、喫煙)・偏った食事・糖質の摂り過ぎ(お菓子・アイスが好き)・冷え症・睡眠不足・運動不足…
お肌トラブル、血管が老けているせいかも! 未来の美肌のために、今すぐ「血管の老化度」をチェック!「人は血管から老いる」という言葉を知っていますか?血管は全身に酸素と栄養素を運ぶ、大事なパイプの役割をしています。年齢とともに血のめぐりが悪くなり、お肌の老化が進行……。美肌のために必要な酸素と栄養素を吸収するために、血管年齢も意識しておきたいですね!今回は、血管を若々しくキレイにして、美肌ケアに役立てる方法をご紹介したいと思います。まだ老化なんて考えられないという方も、早めのケアが肝心です。3年後、5年後、10年後……。未来の美肌を実現させるために、しっかりチェックしてくださいね。まずは、血管が老化しやすい度をチェック!お肌の老化は、シワ、シミ、くすみなど目に見えて分かります。でも血管はどう…

血管が老化するNG習慣&セルフチェック

エイジングサインをストップ! 血管の老化を進行、お肌を老けさせるNG習慣4つ色々とエイジングケアをしているのに、効果がみられない……。もしかしたら「血管が老けている」せいかも!血管は全身の細胞、皮膚に必要な栄養素と酸素を運ぶパイプのような役割をしています。年齢とともに血管が老化、血の巡りが悪くなり、お肌に必要な成分が行き届かないというトラブルを引き起こすことも。今回は、血管の老化を進行させるNGな習慣をご紹介します。1.運動不足にも注意!最近、運動不足になっていませんか?運動は全身の血行を促進し、新陳代謝を高めて血管の老化を防ぐ効果があります。無理な運動が苦手な方は、お散歩がてら軽いウォーキングを習慣にしてみましょう!穏やかで運動に適した気候が続く今日この頃。本格的な…
あなたの血液は大丈夫? “ドロドロ血”を見分けるセルフチェック法実は、人体最大の臓器である血管。血流や血管のコンディションは当然、全身の健康にも影響大!血液が滞ると、シミやセルライトの原因になることも…。目指すべき、しなやかな血管とスムーズな血流、質のいい血液について、循環器内科の杉岡充爾(じゅうじ)先生、総合内科医の赤澤純代(すみよ)先生、管理栄養士の植木もも子さんに聞きました。自分の血管の状態はどうか、セルフチェックで確認して。■しなやかな血管チェック「健康な血管には弾力性があります」と、杉岡先生。「自在に収縮して血液を流し、詰まりや炎症のない状態が理想」。息を深く吸うと脈が少し速まり、吐くときにやや遅くなる「心拍変動」が起こるなら、血管がしなやかな証…

血流を改善してくれるおすすめ食材をご紹介

ただの食物繊維じゃない! 専門医が教える「もち麦」のすごい効果いつの間にやら話題になっている“もち麦”。腸と血管の味方となる、その秘めたるパワーを、専門医に聞きました。もち麦は麦ごはんや麦茶に使われる大麦の一種。整腸作用をはじめ女性に嬉しい効果がいっぱい!「もち麦には腸内環境を整えて便通を改善する食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、おもに野菜やイモなどに含まれ、水に溶けにくい『不溶性』と、大麦や海藻類に含まれていて、水に溶けやすい『水溶性』の2種類があり、腸の健康維持にはこの2種類をバランスよく摂ることが必要。もち麦には、普段の食生活の中で比較的摂りやすい『不溶性』はもちろん、ひとつの食材から大量に摂ることが難しい『水溶性』も他の麦に比べて多く含…
日本人のビタミンD不足に「まいたけ」。免疫や血管への知られざるパワー紫外線が気になる季節。日やけ止めは年中必須という女性も多いなか、あるビタミンが日本人女性に不足しているといわれます。それは、国民健康・栄養調査で10年以上にわたり「充足している」とされてきたビタミンD。なぜビタミンDが不足するのか、ビタミンDの知られざるパワーや、ビタミンDを手軽に補給する方法について、女子栄養大学栄養学部教授の上西一弘先生にうかがいました。日本人はビタミンD不足ヒトを対象としたカルシウムの吸収・利用を研究テーマのひとつとしている上西先生。骨の健康をサポートするためには、カルシウムと合わせてビタミンDを摂取することが不可欠なため、ビタミンDについても研究をおこなっています。「厚…

適度な運動は血流改善にとっても効果的!

血管を元気にするには“NO”が必要! 手軽にできるストレッチ全身の健康に大きな影響を与える、血管や血液の状態。しなやか血管を作るのに役立つのが、一酸化窒素(NO)が出るエクササイズ。血管を元気にする方法について、循環器内科の杉岡充爾(じゅうじ)先生、総合内科医の赤澤純代(すみよ)先生に聞きました。「血管を元気にするのは、“NO”と呼ばれる一酸化窒素。これが内皮から分泌されると、血管の弾力性が増すことがわかっています」と、杉岡先生。このNOを出すには、大きな筋肉のストレッチが有効だそう。「また、内臓脂肪を減らすことも血管には好影響。脂肪細胞が小さくなる際に出るホルモンが、血管の炎症を抑えます。脂肪を落とす呼吸法をぜひ試して」毛細血管を強くする、手と足の体…

血管が綺麗な人は肌も綺麗なんです!

セルライト、シミの原因にも!? 「血管」の新常識を専門医に聞きました美肌も健康も、すべては「血」から。たっぷりすみずみまで巡らせるケアで、キレイな体へとシフトチェンジ!血行が悪いと冷えたり凝ったりするし、“血管年齢”にも気をつけたほうがいいんでしょ?…そんな認識はうっすらとあるものの、普段はつい忘れがちなのが血管や血液の存在。けれどこの2つは、いわば体のライフライン。私たちが思う以上に臓器や身体機能と密接に関係し、日々の体調を絶えずコントロールしているのです。例えば肌の細胞ひとつひとつに栄養と酸素を届けて美肌を作るのはもちろん、老廃物や不要な脂肪を回収して、代謝システムを担うのも血液。血中の免疫細胞が必要なところでちゃんと働くためにも、スムーズな血流が欠かせま…
美血は美肌をつくる!知っておきたい美人と血液の関係・4つのポイント皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。「血液サラサラ」。この一言って、すごく健康的なイメージですよね。実は「血液」が美肌やアンチエイジングにも大きく関係してることご存知ですか?血行が良いことは、冷え性や貧血などの改善にも大切ですが、肌にもとっても良いことなのです。血液と肌にどんな関係が?今回は、血液がもたらす肌への影響についてお伝えしたいと思います。■◇シワの予防にも大きく関係する皮膚は、皮下脂肪やその周りにある血管などに支えられている組織です。血液から栄養を吸収してハリや透明感を保っていると言うと、イメージしやすいでしょうか?もち…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.